KAIGOアンバサダー育成研修会(第2回)を開催

報告2020.02.25

令和2年2月13日、第2回となる「KAIGOアンバサダー育成研修会」を開催しました。

今回は、株式会社フォーエバーの西山猛司代表取締役から、マネジメント論Ⅱ「介護リーダーとして求められている役割を果たす」と題してワークをまじえながら講義を行いました。

リーダーに求められる役割として、施設・事業所に利益を生んでいくということがあります。そのためにはリーダー一人ひとりが現場でしっかりとマネジメント力を発揮し、豊かなサービス提供の環境をつくっていかなければなりません。その基盤となるのが「聴く・認める・誉める」というキーワードであり、ワークを通じてそれらを学ぶ機会となりました。

締めくくりには、講師の西山氏から受講者に対し、「リーダー層が優れたマネジメント能力を獲得し、自らの価値を高めていくことによって、介護が10年後にも求められるものになる」と力強いメッセージが送られました。 第3回(令和2年3月10日)は、これまで学んだポイントをもとに「スーパービジョン論」を学び、具体的な事例にどう対処していくかに取り組みます。

そして締めくくりとなる3回目は3月10日、淑徳大学の山下准教授よりスーパービジョン論を学んだ後、チェックテストを行い「KAIGOアンバサダー」の認定へと続きます。 皆さまにおかれては、ぜひ引き続きご支援賜りますようお願い申しあげます。

▲このページの先頭へ