「コロナに負けない組織のつくり方~感染予防と対策のすべて~」を開催しました

報告2020.11.01

「コロナに負けない組織のつくり方〜感染予防と対策のすべて〜」と題した感染症予防・対策に特化したセミナー。介護人材政策研究会でこれまで3回にわたって開催してきましたが、10月28日に最終日を迎え、無事終了いたしました。

初回(10/5)では新型コロナに留まらない感染症全般に関する基本から、東京での先駆的取り組みをご紹介し、2回目(10/16)では感染対策をフェイズごとに整理してあたる法人の組織づくりを。そして、最終回(10/28)では非常に貴重な実践例として、感染発生施設への応援派遣の現状と課題を共有しました。

また、最後の時間では代表理事の天野尊明から、来春に控える介護報酬改定や予算編成における感染症対策の影響を解説させていただき、盛りだくさんの情報提供が出来たのではないかなと思います。

今後は内部の勉強会などを中心に課題を深掘りしていきたいと考えていますが、セミナーとしても報酬改定の方向性や取るべき戦略などお伝えする機会をセットしていく予定です。

▲このページの先頭へ