財務省に対する自民党・介護福祉議連の申入れに同行しました

報告2022.12.08

12月8日、自由民主党・介護福祉議員連盟(麻生太郎会長)から鈴木俊一財務大臣へ、先日の会合で寄せられた意見や要望をとりまとめた「次期介護保険制度改正等に向けた課題について」として申入れが行われました。


代表して財務省へ赴かれた同議連の幹事長・ 末松信介参議院議員と事務局長・ 大家敏志参議院議員に、介護人材政策研究会を含む介護関係7団体も同行させていただきました。

「軽度者(要介護1・2)へのサービスの地域支援事業への移行の見送りについて」、「ケアマネジメントに関する10割給付の維持について」のほか、コロナ対策や物価高騰対応への継続的支援や介護DX推進の必要性など、多岐にわたる問題意識が伝えられ、非常に意義ある機会になりました。


今後も介人研では議連の皆さまと連携を深め、課題に対して実際に動き、介護の声を届けていく姿勢を徹底してまいります。

▲このページの先頭へ