第8回会員勉強会
「コロナ禍を経た介護人材課題について②」を開催しました

報告2022.02.09

2月9日、第8回となる会員勉強会を開催しました。


今回は、前回に引き続き「コロナ禍を経た介護人材課題について」と題したシリーズ2回目。講師には、全国社会福祉協議会・中央福祉人材センターから河邉裕子副部長をお招きし、「福祉人材センターにおけるコロナ禍での人材確保の取り組みと今後の課題」としてお話をいただきました。


改めて福祉人材センターの取組みについてや、コロナ禍を通じた状況に関する視点、そして新たな人材参入に向けたヒントなど、短い時間でしたがコンパクトにお伝えいただき、「事業者だけ」「人材センターだけ」ではなく、関係者の連携によって環境をつくっていく必要があることを共有する機会となりました。


また、出席者からは「社会福祉協議会という基盤を活かして、人材課題の深い部分へ切り込む活動を進めてほしい」とエールが寄せられ、ハローワークとともに福祉人材確保の本丸として寄せられている期待の高さが伺えました。本会としても、今後も歩調をあわせ取組みを後押しできればと考えています。


次回の会員勉強会は4月に予定しており、ご入会を検討いただける方についてはお試し参加も可能です。ぜひお問合せください。

▲このページの先頭へ