第7回会員勉強会
「コロナ禍を経た介護人材課題について」を開催しました

研修案内2021.12.27

12月22日、第7回となる会員勉強会を開催しました。


今回は、代表理事の天野尊明から「介護職員処遇改善支援補助金」の概要と背景の解説、そして本会が実施した「コロナ禍を経た介護人材課題に関するアンケート調査」の結果をご報告申しあげた上で、社会保険労務士事務所オフィスオメガ 安田武晴代表と株式会社DJC Plus採用コンサルタント 大塚渉爾氏からご講演をいただきました。


本会の講師バンク(介人研パートナー)のメンバーでもある安田代表からは、人材定着に欠かせない「職場づくり」の観点から、特に来年4月からは中小企業にも対象が拡大されるということで、いわゆる「パワハラ防止法」のポイントについてご説明がありました。


また大塚氏からは「ポストコロナへ、人材確保・育成・定着はこう進める」と題して、特に採用に関して、いかに外部への発信をクリアに行なっていくか、かつその受け皿となる組織力をどう差別化していくかについて、具体的なアプローチを含めてお話しいただきました。


参加者にとって、大いにコロナ以降へのヒントとなる2時間だったのではないかと思います。
次回の会員勉強会は、来年2月9日を予定しています。

▲このページの先頭へ