【介護施設・事業所の皆さまへ】
コロナ禍を経た介護人材課題に関するアンケート調査へのご協力について

その他2021.11.22


2年近くにわたって猛威をふるってきた新型コロナウイルスの感染拡大も、小康状態が続いています。


今後、遠くない将来にも第6波が来ると言われていますが、ワクチン接種が進んだこともあり、次第に経済活動が再開されつつあります。


そのようななか、介護人材の動向(求人、求職)については、見込まれていた他産業からの人材参入にも大きなインパクトを得られず、このまま「ポストコロナ」を迎えるのではないかとする見方が出てきています。
一方で、オンライン化が加速度的に促進されたことで新たな戦略構築が求められていること、留学生・技能実習生をはじめ外国人材の入国も次第に再開されていることなど動きもあり、介護業界として次のステップに進まなければならない状況にあると感じます。


そこで、まずはコロナ禍を経て、それぞれの施設・事業所においてどのような人材課題があったかについて集約するため、別項のフォームの通りアンケート調査を実施させていただきます。
大変お忙しいところ恐れ入りますが、各設問に必要事項をご記入いただき、回答にご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。

※なお、ご回答いただきました内容につきましては、(ご回答者様氏名やご所属先等プライバシーに関する部分は非公開として)集計の上、結果を本会ホームページに掲載することをもって広く周知させていただきますとともに、厚生労働省等への情報提供を行い、課題解消のための資料とさせていただく予定です。


【調査期間】令和3年11月22日(月)~令和3年12月10日(金)PM 5:00まで


【調査方法】Webアンケート (Googleフォームを使用)


【回答方法】 以下より回答フォームにご入力いただくかたちでご回答ください。


▲このページの先頭へ